ベビープラスマイルがお届けする入学準備応援サイト|最新ブログ記事一覧はこちら

ランドセルが手元に届いたら!入学までの上手な保管方法とは

ランドセルを保管

入学直前であわてないように上手な保管方法で入学まで準備しておきましょう。

ダイソーなどの100均で購入できる保管グッズも紹介します。

カビの発生を防ぐ!入学までの保管方法

ランドセルを不織布で保管

入学まではキレイな状態で保存しておきたいですよね。

特に小さいお子さまがいるとか、ペットがいる場合は注意が必要!

カビの発生を防ぐ!失敗しない保管のポイント
  1. 保管する場所
  2. 保管の置き方、梱包の状態

この2点に気をつけて保管するようにしてください。

ランドセル定番ブランド3社(天使のはね、ふわりぃ、フィットちゃん)にお問い合わせをして聞いてきました。

各社、共通して推奨している方法をまとめました。

通気性の良い場所で保管

クローゼット
クローゼットの扉を開けて換気
カビ防止・変色防止のために注意!
  • 高温多湿な場所を避ける
  • 直射日光の当たらない室内で保管
  • 通気性の良い場所で保管

湿気の多い季節や保管場所では換気が必要

入学前年度の梅雨の時期、夏の季節にランドセルが届いたら保管方法に気をつけてください。

通気性をUPするには

通気性の良い部屋やクローゼット、押し入れに保管する場合でもひと工夫することで通気性をUPすることができます。

3つの「ひと工夫」をご紹介!

■ひと工夫その1:床に置かない

湿気は水分を含んでいます。

シーズンオフのものなどは上の方へしまう方がいいというのは、このためです。

空気より重く、下の方にたまりやすいため、ランドセルを床に置かないのがおすすめ。

低い位置にたまりやすい湿気の影響でカビの発生を助長させる可能性も。

どうしても床置きする場合は、すのこを使って空気の通り道を確保しましょう!

■ひと工夫その2:キャスター付きのスチールラックなどの上に置く
通気性のいい場所で保存

床に置くのではなく、湿気の通り道ができる収納グッズを活用するのもおすすめ。

クローゼットの中の床に置かず、ラックや収納棚を入れてなるべく上の方へ置くようにしましょう!

床に落下しないように不安定な場所に置かないでください。

■ひと工夫その3:クローゼットや押入れの扉を開けて換気する
押入れ

梅雨の時期はとくに開けっぱなしがいいですが、ずっと開けっぱなしができない場合は、時間を決めて開けておいたり、週末だけ開けるなど換気するように心がけましょう

押入れは左右の扉を少しづつ開けておくと通り道が確保できますよ。

空気が外から入って中を通り、湿気をためこみづらくなります。

市販の防虫剤や除湿剤、乾燥剤は不要

「換気を心がけていても湿気が心配だから」、といって除湿剤などを使用するのは控えてください。

防虫剤や除湿剤などを使わなくても、自然に通気性のいいところで保管することを推奨していると、メーカーからのご返答をいただきました。

ランドセルの保管には市販の薬剤にたよらず、高温多湿な場所は避け、直射日光の当たらない場所で大丈夫です。

ランドセルの型崩れ防止になる保管方法

箱にランドセルを保管

箱にしまって保管する場合

ホコリや傷から守るため、入学まではランドセルが届いたときに入っていた箱にしまって保管することをメーカーは推奨しています。

※箱に入れっぱなしにしない

ランドセルを定期的に箱から出し、通気をよくしましょう。1ヶ月に一度外気に当てるようにします。

そのため換気のいい場所で保管していても、箱に入っている場合は、定期的に出し入れをすることが望ましいのです。

定期的にランドセルを箱から出したり、しまったり、

  • 忘れそう
  • 面倒くさい

そんな方は箱から出して保管しても大丈夫です。

箱から出して袋で保管する場合

箱に入れて保管するのが理想ですが、保管する場所が確保できない場合、箱から出してOK

その場合は、ランドセルをむき出しにしないで袋に入れます。

ペットや小さいお子様が触らない場所、直射日光に当たらないことに注意してください。

不織布収納袋

ビニール袋より、購入したときに収納されていた、メーカーの不織布(ふしょくふ)収納袋に入れましょう!

  • 「やぶれちゃった」
  • 「えっ?捨てちゃった」
  • 「あれ?なくしちゃったみたい」

元々ついていた収納袋を使えば一番いいですが、手元にない場合は市販の不織布で代用できます。

▼不織布収納袋とは

「不織布」という素材はマスクにも使われていて通気性に優れている素材です。

傷つきを予防し、ホコリや汚れから守ってくれるのでランドセルの保管にぴったり。

透けるほどの生地で薄いですが、強い力を加えても破れづらい不織布。

▼不織布収納袋は100円ショップでも買えます

ダイソーやセリア、キャンドウなどの100円ショップでも不織布は売っていますが、いろいろなサイズのものがあります。

ランドセルが入るサイズを選ばないと収納できません。

セイバンと100均の不織布の比較

100円ショップで売られているラッピング用(大)では高さが同じですが、横サイズが小さく、マチがないのでランドセルが入りませんでした。

横42cmの袋(マチなし)だとランドセルは入らない

ここでは、セイバンの専用袋(横49cm×高さ60cm)を参考にランドセルが入るサイズの収納袋をピックアップ!

【入学後の保管】日々の置き方の注意点

入学してからのランドセルの置く向きにも気をつけてください。

▼キズや汚れの原因

ランドセルのNGな置き方
※NGな置き方1:カブセ(ランドセルのフタ)を下にした状態で置かない

▼シワがついたり、跡が残る原因

ランドセルのNGな置き方
※NGな置き方2:カブセを折り曲げて置かない